全国
対応
045-263-8694
受付時間平日9:00~18:00
相談フォームはこちら(365日24時間受付)

病医院の経営支援

経営戦略コンサルティング

そもそも、貴院の役割は何で、今後はどう進むべきなのでしょうか?

制度改定や診療報酬改定に振り回され、今後の姿が全く判らない状況下で経営者に最も求められるのは、
『明確な経営ビジョン』と、それを実行する『強い意思』です。

そして、ビジョンを実現するためには、病院全体を
①自院の将来像(ビジョン)を明確にした上で、
②現状を正確に把握する
③ビジョンを実現するまでの課題と解決の手順(STEP)を明確にする
④ビジョンを実現するためのメンバーとチームを育成する
⑤ビジョン実現に向けての実際の行動を起こす

という手順で、動かさなければなりません。

MSSは、院長のビジョンを明確化するところから、ビジョン実現のためのチーム作り個別の課題解決に向けたプロジェクトまでを支援します。

≪MSS病院組織活性化プログラム≫
病院生き残りをかけての組織活性化プロジェクト
全体イメージ

外部コンサルタント導入の意義
院内メンバーだけで『変革』をしようとすると、どうしても過去や現状が出発点となってしまい、結局は現状をベースとした『業務改善』になりがちです。

経営が安定していた時代には、現状を前提とした『業務改善』ができてさえいれば病院経営は安泰でしたが、医療制度そのものが制度始まって以来ともいえる大変革を迎えている以上、経営者は現状や過去の歴史を無視した大変革でさえも辞することなく、病院を生き残らせる義務を負っています。

まずはすべての可能性につき否定せず、ゼロベースで考える機会を持つための相談役として、外部コンサルタントの導入は有効です。

病院としての生き残りに向けての最後のチャンスとも考えられるこの時期を逃すことなく、一緒に理想の病院をつくりませんか?

医業承継士資格取得講座
出版書籍

  • 2017/6/17
    中外医学社より発売

  • 2016/6/20
    日本法令より発売

  • 2016/4/23
    日本法令より発売

  • 2015/3/20
    日本法令より発売